あとはよろしく

ゆるゆると楽しいほうに・・・

早や二月

 

 

先日、伊能ちゃんの再就職祝いに彼女の好物のバラ寿司を作った。

一升分酢飯を作ってお向かいのヤエちゃんや照ちゃん、お習字の先輩たちに

一口だけお裾分けした。

同居人にもタッパーでお届け。甘酢漬けの生姜が最高に美味しいと言った。

そりゃあそうでしょうよ、岩下の甘酢生姜だもん。

 

一人で一升の炊きたてごはんを飯切りに移すのはちょっと大変だった。

酢飯をパタパタ扇ぐ人もいなかったので、換気扇の下で寿司酢を合わせた。

長谷ちゃんは木の箱に入った牛肉で、すき焼きを作ってくれた。なんだか

食べるのが気が引けて、エノキばかり食べていたら笑われた。

 

 

その日の手土産に、グリンピースやレンコンなどの野菜を貰った。

 

豆ごはんは4合で作ると豆の量とごはんのバランスがいいよと言われたのに

欲張って6合で作って3日食べた。

レンコンと鶏の旨煮。塩鮭。天ぷら。などをおかずに。

 

 

最後の天ぷらの日、伊能ちゃんが来たけど豆ご飯は残っていなかった。

 

字幕版の「ハリーポッターと賢者の石」を観始めてすぐにギブアップ💦

私たち、英語、向いてないんだと思う。多分。

日本語に専念しまーす。

 

何かお腹に入れたいと言ったので、相変わらずのうどんを出した。

天婦羅を乗せて美味しそうに食べてくれた。

 

2月と9月は買い物を極力しない月間

今月も皆さんのお料理ブログを色々参考にさせていただきます。

 

お料理のブログを書かれているヒロトさんの ごぼうの唐揚げで

hiroto-hate.hatenablog.com

 

 

ノンアルコールのチューハイと、今度は吹き替え版で映画を楽しむことにした。

このごぼうの唐揚げ、先日も作って好評だった。

 

 

1作目の「賢者の石」面白かったわ。食わず嫌いだった。

毎月1本でも一緒に観れたらいいねと話した。

 

楽しいことを詰め込み過ぎて、先月はとうとうシーツ類の洗濯をサボってしまった。

気になっている時期を見過ごすと平気になるので、

この件は天気を言い訳にせず早急に片付けなければ。

 

今日は書道のレッスンがあった。

泣きたくなるほど書けない。先生のお手本を穴が開くほど見ているのに、

なのに課題の二文字が書けん。

つくりが大事な人の名前の一文字。そして自分の名「楽」。

何としても上手に書きたいのに。

 

ああ、これきっと、初心者の通る道なんだ。自分は基本が出来ていない。

何がどうわからないのかがわからなかった頃より1ミリでも前進したのだろうか。

 

「出来ない」自分には慣れっこなはずなのに悔しい。

小学生の良い子たちに交じって上手く書けない苦しみに悶える私に

先生は弱音を許してくれ、

「難しいじゃろ?」「書けんじゃろ?」「楽しかろ?」って言う。

「いつかは書けるようになるんだけどね!」と。

何度同じところを聞いても、初めてのように教えてくれる。

 

楽しい。書けなくて悔しいけど、集中できる時間が楽しい。

明日も書きに行こう。

 

鎖国!

先週末、カラスの鳴き声でやたらと外が騒がしかった。

民家の先に数枚の稲田と農業用の用水路があって、数種類の野鳥が

やって来る。

猛禽類のトンビがハシボソガラスを追ったり、大きなアオサギが小魚をくわえて

人家の屋根にとまっているのは珍しい事ではない。

けれどこの日は「かぁーかぁー」「かぁーかぁー」「かぁーかぁー」と

とんでもない数のハシブトガラスが交互に空に舞い屋根にとまり、

大声をあげていたのだ。時々トンビの鳴き声も聞こえる。

多勢に無勢。人間の専売特許ではなさそう。

40分もその大きな鳴き声が続いただろうか。

 

再び外を見るとハラハラと雪が舞い始めた。

 

 

 

その雪に交じって茶色や白の羽毛が舞っていた。

 

「終わったんだ。」

 

何があったのか直接見たわけじゃないけれど、終わったと思った。

 

小さな生き物にその生きざまを見せつけられると、自分の脆さが際立つ。

自然界にいたら一番に淘汰されるだろうな。

 

 

 

朝食

特価で買ったパンをせっせと消費。

パンの日が続くと本当にお得だったのか?と今になって思う往生際の悪さ。

 

 

お昼はやっぱり麺類が多い。

 

夜ご飯

 

洋食が食べたくなってスパゲティーを炒めていたら、同居人が

体調が悪くて悪寒がするのに何か食べたいと言ってきた。

体調が悪い。悪寒がする。スパゲティーじゃダメよね。

おかゆ?」と聞くとお粥は嫌だという。

うーん。風邪でもうつされると嫌なので自分の部屋で待機するように伝えて

温かい素麺 にゅうめん を作って持って行った。

ペロッと完食した。大したことなさそうでよかった。

 

習字の締め切り日。21時まで頑張ったがご飯を作る気力がなく、レトルトの

ハンバーグでワンプレート。

ほうれん草のバター炒めが美味しかった。

 

ブリ大根。鰤の腹身が一切れ100円ちょっとだったので二切れ買った。

塩鮭の切り身が一切れ200円なのでお得かなと。身が多くて満足。

 

伊能ちゃんの再就職のお祝いを口実にお食事会を開いた。

お寿司に使ったスナップエンドウと甘辛く煮付けた干しシイタケの余ったものを

卵でとじた。優しい味で美味しかった。

ごぼうの唐揚げは、長谷ちゃん宅で揚げたてを出した。間に合わないくらい好評。

近日中に我が家でも作る予定。

久々の女子会で元気をもらった。

 

 

最近ハマっているデザートの伊予柑は食べやすく切って出す。

自分用にはきれいに剥いてタッパーに入れてテレビを観ながらダラダラと食べた。

だらしないことこの上ない。が、暖房で乾いた喉には嬉しい。

 

読書会のあと、渡された本たち。

とても有り難いけど育児書と同じで、自分が枠にはまると安心できるけど

枠から外れると落ち込んだり焦ったりするんだよね。

参考にさせてもらおう。

 

あと、鎖国はやめろと言われた。

食わず嫌いをやめたら世界が広がるぞ!

ハリーポッターを読め!と。

 

魔法使いの話を婆ちゃんが読んで楽しめるんかいな?

 

学生の頃から、洋ものが苦手だった。長い連載物も。

人の名前も通りの名前も地名も駅の名前もなんもかんもカタカナ。

脳内相関図が組み立てられず 頭がこんがらがるので読まない。

ハーレクイーンとかも読んだことない。話を聞くだけで恋心がじれったすぎる。

でも、赤毛のアンや星の王子様などはしっかり読んだ。

 

テレビ番組も外国のものはあまり見ない。

なので一世を風靡した「冬ソナ」を全く知らない。

みんな知っているのに知らないことばっかり。



鎖国を解け!!!」

ハリーポッターを読め!

同じ教室で机を並べていた読書会のメンバーの彼は

この長いシリーズの英語版を完読したという。

昔から秀才だった。成績はいつもトップクラスだったもん。

 

primeで観て読んだことにすればと伊能ちゃんが知恵を付けてくれた😁👍

ズルしているみたいで聞こえは悪いが内容を知るにはナイスなアイデア

1本目を観て面白かったらその手を使おう。

ただ、どれから観ればいいのか、さらなる試練が・・・

 

鎖国しているつもりはないんよ。黒船ウエルカム!

 

読書会

高校時代の同級生が体調を崩して看護師を辞めた。

しばらく療養した後、シングルに戻った。

元気になって自由になって海外旅行に行ったり彼氏を作ったり、

ジムに通ったりネイルに拘ったりと、やりたいことを片っ端からやり尽くした。

「自分のやりたいことってこんなもんか。」と、ひどく虚しさを感じたと言う。

昨年の秋ごろから仲の良かった高校の同級生に声を掛けて、

茶話会兼読書会を始めた。 私はサボってばかりいるのだけど、

ネットカフェの1室を借りて、料金に含まれるドリンクとちょっとしたおつまみで

3時間ほどを過ごす。

各々がおすすめの本を持参したり、カフェにある本の中から選んだりする。

 

前の日に準備していたら、灰谷健次郎の「兎の眼」が目に入った。

かつて教師だった著者だからなのか、こどもの言葉が生きている。

随分前に、涙した本だ。心の中の澱をデトックスするには打って付け。

はたして今の自分でも揺さぶられるだろうか?

 

 

借りていた米澤穂信を一旦返して、私のバイブル 佐藤勝彦を紹介する。

人のことばかり言ってないで、あなたの至らなさを改心しなさい!

なんて1行も書いていない。

そこにある何かに自分で気付くことが大事。

 

「しかたない。明日も生きてやるか。」

 

本を閉じた後、何度もそう思った本なのよ。と。

 

実際は当時買ったものではなく、ボロボロになって手放して買い直したもの。

絵と書と文、すべてがいい。

 

❝いそぐこたあねえよ

わかるまでじっとしてたらええよ

なんもねえことがわかったらはじめたらええ

あきらめきってからはじめるのは 罪がねえもんな

はらたたんもんな❞   ―勝彦えんま帖―より

 

 

世の中は不況の嵐の真っただ中で、それでも近所のスタジアムで

イチロー選手の試合を観たり・・(確か落合さんが監督だったっけ?)

話題の映画を観たりできていた。

宗教団体が起こした事件が連日報道されていたのもこの頃かな?

職場でも家庭でも自分のライフスタイルがどんどん変わっていき、人並みに

理想と現実のギャップに悩んでいた頃出会った本。30代になったばかりの頃。

本との出会いとそのころの話を少し。

苦手なジャンルでも、興味が無かった分野でも、

じゃあ読んでみようか。って思ったりする。

 

 

近所のレディ達とも読んだ本の話はするけど、無茶苦茶下世話。それが楽しい。

同級生の集まりはまた違う雰囲気。掘りだすと地球の裏まで深掘る。

ただついて行くだけで私はクタクタ。昔のまんま。

 

 

水曜日の夜ご飯

 

防災用のご飯の賞味期限が2024年1月

新しくストックしたので古いものを消費。

作り置きのサブおかずもそろそろ食べきらなくては。

 

チャプチェは豚バラ肉・たまねぎ・にんじん・椎茸・ニラを

茹でた春雨とごま油で炒めて、焼肉のたれで味を付けたもの。超簡単。

にんにくを効かせたり唐辛子を振ったり自由。

 

早起きして朝活。出かける日は家の中を整える。

今日は長谷ちゃん宅で白髪染め入浴会。

伊能ちゃんの再就職のお祝いをサプライズする計画を立てる。

そして習字のレッスン。

 

読めていなかった「満願」を来月まで借りた。

苦手な時間のやりくり、頑張ろう。

 

ウチゴハンとその後

日曜日は悶々としながら買い物をしてきた食材を整理していた。

 

へぇ~、この椎茸ってクラッシック聞いて育ったんだ。

100円もしなかった。私の食事には欠かせない食材だから有難い。

数時間天日に干して、お日様のパワーを吸収させてスライスし冷凍保存。

軸は炊き込みご飯の具にした。

 

のどぐろの開きは一枚130円ほど。1枚で充分なので3回食べられる。

たまごは在庫があったけど、いつもよりひとパック50円も安かったので

迷わず購入。前に買ったたまごでたまごやきとゆで卵の麺つゆ浸けを作り、

あとはニラと豆腐を買った。

イライラしながら買った割には上出来のお買い物。

 

 

昨夜から伊能ちゃんが泊りに来てくれている。

「久々に怒り狂ったねぇー」とニタニタしながらやって来て

せっかくの3連休の二日間を一緒に過ごしてくれるという。

長谷ちゃんと伊能ちゃんがいてくれるおかげで、自分が保たれていると思う。

 

ご機嫌が直りそうなものも熟知してくれているし、

ダイエットも一旦中止して付き合ってくれる。

 

 

昨日の夜は湯豆腐と炊き込みご飯

 

朝はそれぞれ好きなもので

 

🥶     🥶     🥶     🥶     🥶

 

買って半年もたたない私の車を下取りに出して

誕生日のプレゼントだからと一回り大きなファミリーカーを買って、

結局支払いは私の口座から・・という事が1度。

仕事に使う軽自動車がどうしても必要で、自分には信用が無いから

ローンが組めなくて、なので立て替えて。月々返すから。

を踏み倒されたことが1回。

高額な踏み倒しに2回もあっていて、他にもいろいろ払っていることを

伊能ちゃんは知っているので、墓代の金額に私が頭ごなしにブチ切れても

仕方ないと思ってくれている。

そしていつも100対0で私が悪いという事になるのもおかしいと怒ってくれる。

 

聖人君子じゃあるまいし、と。

 

以前、伊能ちゃんが大根を買って来てくれた時、

「大根をいただいたのよ!」という私に

「大根だけ? 普通 鰤とかイカとか一緒に使うよね?

大根だけ持って来てどうしろって言うの?」と同居人が言っているのを聞いて

【怒れる】体験をしているから余計私に共感してくれる。

 

たーっぷり同居人の悪口を言ってすごくスッキリした。

悪口といってもないことをでっち上げたりしない。

 

日常の生活の中で、あほか!と思ったことを思ったままに聞いてもらった。

 

あのね、串カツとかたまねぎの天ぷらって串を使うじゃん。でね、

「串をつけたままにしてあるから気を付けて食べてね!」って言ったのよ、私。

そしたら奴ってば、

「なんか、串が硬かった!」って言うの。もうビックリして まさかと思ったけど

「もしかして串、食べたの?」って聞いたら

「だって気を付けて食べろって言ったじゃん!」

 

伊能ちゃんは少しだけオーバーに驚いた顔をして

「マジか?力がいるなぁ。楽ちゃんさぁ、そりゃあもう子育てじゃなく

認知症介護だよ!」と。

 

実際の私は、体に何か影響があったらどうしようかと、その時は本気で

ごめんね、ちゃんと説明すればよかったね。と思っていたんだけど、

冷静になって考えたら、子どもでも串、外すよね。

口に入れて違和感があったら出すよね。

 

 

 

今回、私側からの話ばかりでただの悪口じゃんと見ていて気分を悪くする方も

いらっしゃるかと思いますが、これってメンタルを保つために

とても大事な事なのです。

 

 

長谷ちゃんのように、どんなに腹が立っても

人として相手を軽んじるようなことは言っちゃいけないよと諭してくれる人も

伊能ちゃんのように無条件で共感してくれる人も

私の精神的な大きな支えになっています。

 

理不尽なことをされたからって言いたい放題仕返ししていたら、私への逆風は

強くなるばかりで、ますます孤立します。

感情的になると誰でも無意識に自分の都合のいいように

問題をすり替えてしまうことだってありますしね。

かと言っていつも自分が悪者だという事にされるのも、適応障害などの

トリガーになりかねないのです。

そりゃあ腹が立つよ!誰だって。という共感がとても大事。

 

 

子育て中の方、職場でのハラスメント、同居人のようなパートナーを持つ方。

多くの人が一人で苦しんでいると思います。しんどいですよね。

貯め込まず、自分を悪者にせず、誰かに届くまで発信してください。

youtubeでも自助会があるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

反省

 

記事を見た長谷ちゃんから電話があった。

「楽ちゃんが間違っとると思うで。」と。

うん。自分もなんとなく自分のどこがいけなかったかわかる。

「じゃあ25日、風呂入りにおいで。」

長谷ちゃんは余計なことは言わない。いつも大人。

 

お墓参りやお通夜・葬式について、そもそも・・というところから考え直してみた。

お墓って何?お通夜・葬式って誰のため?

高額な契約を事前の相談もなく、おまけに自分では支払い能力もないくせにと

感情で喧嘩腰になったのは私の方で、同居人は私に言われるまま 自分の死を肴に

みんなが飲み食いするのは嫌だ!という希望を伝えただけなのに。

その契約ですら見積りで、葬儀場の予約はホールでの葬儀を割引価格で利用できますというものだった。

何なん?5000円って。腹立つわー。

 

いやいや反省、反省。

反応せずに静かに聞くだけにしておけばよかった。

あれこれ策を練り、思い悩む割に学習しない自分にうんざりする。

 

お墓をどうするかについては現実問題、予算的に無理。

ここは本人と本人のお財布に折り合いをつけてもらわないと。私は経済的な援助は

出来ないとはっきり伝えることにする。墓石屋さんにも。

お葬式について、本人がしたくないならその意志は尊重されるべきと考え直す。

正直、脳裏をよぎったのは世間体。「葬儀も出さないで・・」と

責められるのは私なんだから と どうなるかわからない未来を恐れていた。

今まで散々そういう理不尽な目に遭ってきたので、自分を擁護したい気持ちもある。

そうであるなら、同居人の意思を通して葬儀は執り行わない代わりに、参列者に気付かれない様にしれっと私主催でそれに代わるお礼の会を設けてもいいのかな。

そういうのがアリなのかどうか、これも事前に知ることはできるのか。

葬儀場が無理でも近所のうどん屋とかじゃなく、最後なのでそこそこきちんと

感謝の気持ちは伝えたい。

 

とにかく同居人を自分の都合のいいようにコントロールしようなんて

間違っていた。

 

自分が困りそうなことは、自分で準備しておかなければ。

同居人は大人の男性を異常なまでに嫌うので、医者に通う事さえ困難な状態。

歯はボロボロで部屋には痛み止めをはじめ、あらゆる市販薬を置いてある。

血尿が出ようが夜間頻尿が異常な回数であろうが、感覚過敏で他人に触られる

ことが苦手なので、なんだかんだケチをつけて通院(受診)しない。

なので最悪自宅でという事も想定しておかないと。

不謹慎な話だけど、ぽっくりと じゃない場合の受け入れ先も

いくつか候補を考える必要があるのかな。

 

自分のことはたちまち困ることは無いのだけど 同居人に関しては

ちゃんと理解できる人に 大変だと伝えないと正直しんどい。

 

 

自分は一体何と向き合っているんだろう。

向かう相手の姿が見えない。そんな感じ。

 

お騒がせして申し訳ありません。

 

墓と葬式と私

前回、充実しているという記事を書いた舌の根も乾かぬうちに、

やらかしてくれました。

基本、会話無しの我が家。唯一日曜日の買い出しの車内だけが、

言葉を交わす場所。

どんなに嫌な話をされても私には逃げ場がなく、同居人は都合が悪くなると

「運転中に気分が悪くなるようなことを言うな!」と怒鳴ると

いくらでも問題から逃げることが出来る場所。

 

日曜日、買い出しの車中。

「葬式屋決めて来たから立て替えた手付金5000円頂戴。」と切り出す同居人。

色々端折るけど、結局のところ

「お互いのこれからのことを具体的にちゃんと決めて、自分の意思を残そうね。」と

私が提案したことへのアクションらしい。

「葬儀はせずに火葬までホールに安置して、骨だけ拾ってもらう。

俺は死んでるんで誰が来て・・とか、どうでもいい。

それよりこの墓地と墓石と永代供養がついて〇百〇十万円のセット。

これにするから。金か?普通喪主が払うって担当が言うた!・・・」

 

いやいやいや。マックでバリューセットを注文するんとわけが違うし。

その担当、連れて来いや!

中合わせに括り付けてグーで殴ってやろうか?と怒鳴りたい心境だった。

なんか、もう、血圧が上がりきって脳の血管キレそうなんですけど。

国産のちょっといい新車が買える値段。いや、値段の問題じゃないけど、そこが一番。

この寒空におでこから汗が噴き出す。

墓に金かけて、どんだけ後世に名を残したいんや?このアホは!

 

「あんたみたいな奴ほどちゃんと葬式出して、迷惑かけてきた人に

お礼をするんが筋と違うのん?」

私の話など聞いてない。

 

スーパーに着いても逃がしてはならんと構える私に、たばこをぷかぷかさせて

もう、この話は終わったことにする同居人。

買物中もイライラが募る私。

 

落ち着け!落ち着け!

良し悪しのジャッジをしてはこじれてしまう。

墓石屋は自分の仕事をしただけ。怒りをそっちに向けちゃだめだ。

 

どうしよう。どうしよう。

ジーンズのポッケに入れた買い物メモを何度見直しても頭に入らない。

 

レジを通って支払いの時、WAONが残高不足の音。

慌ててチャージしながら わおん🐶♪と閃いた!

 

そうだ!出来ないことを言うから聞いてもらえないんだ。

 

こうしてくれたら希望どうりにしてあげられるよ。

 

どうすれば私がその希望に沿うことが出来るか、怒りを抑えて

不自然なぐらい優しく話した。

アホは調子に乗って

おまえは能力が無いくせにケチだから、俺がレベルを下げる必要が

あるんだな。と嬉しそう。はらわた煮えくりかえる。

 

 

年季の入ったスカポンタンなので

これが全てを解決する魔法の言葉にはならないけど、

反発せずに一旦聞く姿勢を取ってくれた。

 

今日の所はこれぐらいで勘弁してやるわ!・・・って気分だけど

怒りは収まっちゃいない。

この問題も今後嫌というほど蒸し返されると思う。

 

生き残った者が好きにしちゃいけないものなのかな?

まあ、希望を残して去り行く人ばかりじゃないし。

 

 

はぁ・・ちょっと、かなりか。感情的になってしまった。

後で読み返すと誰かにとても失礼な内容かも知れないし、

恥ずかしくて消してしまうかも知れないけど、

どんなことが起こった時に自分はどう反応したかを残したくて

後先考えずに書き込んでしまいました。

 

夕飯を食べて少し頭を冷やしてきます。

 

不愉快な記事でごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

年末年始ごはんと今年こそ!

年末年始も外食以外は一人で食事をした。

二人分作っても各自それぞれの部屋で食べた。

それが辛いという感覚は全くなく、むしろ

落ち着いて食事が出来てのんびりマイペースで過ごせてよかった。

 

 

晦日は朝一番に買い物へ。正月準備でバタつくだろうからと、

ついでにお惣菜のお寿司を買った。

丸亀製麺で天婦羅を持ち帰り、年越しそばに乗せた。

握り寿司は17時ごろ食べた。

21時ごろ、蕎麦が茹で上がったタイミングで同居人に声を掛けた。

点けっぱなしのレテビでは紅白が流れていた。

既に寝ていたので無理に起こすことはしなかった。

 

 

 

明けて正月元日

 

朝は雑煮

昼は前日作っておいた赤飯を蒸しなおした。

以前作った時に柔らかすぎたので、もち米の浸水時間と

蒸し時間を少しだけ控えてみた。蒸しなおすと丁度良くなった。

昨年は市場に栗があまり出ていなくて、たまに見つけても我が家にとっては

べらぼうな価格だった。なので今回は栗無しの赤飯。

 

夜は鰤の照り焼きと煮しめ、茶碗蒸しも作ったのだけど

レンジで温めていたら爆発したので自主規制。

他は市販の味付け数の子やローストビーフや栗きんとんなど。

この日は正月ぐらい誰かとおしゃべりしながらご飯を食べたいなと思った。

その誰かは決して同居人ではない。

自分の気持ちと正直に向き合う時間も増やしたい。

 

 

お屠蘇代わりの年に一度のお酒

 

今年は飛騨の濁り酒 蓬莱

 

このお酒は甘酒を飲んでるみたいに甘くて美味しいので

下戸の私でも気が付くとボトル(180㎖)は空っぽに。

アルコール分17度で気を失ってから朝までひとっ飛びだった💦

 

 

二日目

年迎えうどんは鍋焼きうどん。朝昼兼用。食材消費の一品。

ダイニングテーブルで書初めをするため、簡単に作れて簡単に片付くものにした。

 

夜は蟹のお鍋を予定していたのだけど、簡単な蟹うどんすきに変更。

ニュースに釘付けの年明け。

 

 

朝ごはん・朝昼兼用ご飯

 

普段のこういうご飯が一番。

当たり前に口にできることに感謝。

雑煮のだし用の鰹節で猫まんま。大根葉の塩もみも柔らかくて美味しい。

年末に取り寄せたお気に入りの醤油屋の醤油で。

 

パンはパスコの超熟 8枚切りか10枚切り。

このパンは気に入っていて何もつけずに食べても美味しいと感じる。

近所のスーパーで日曜日に特売するので助かっている。

ご飯はだいたい150g・120g・70g・50gに小分け冷凍。

普段は120gでカレーや丼物、チャーハンに使う時は150g。

時々押し麦や雑穀を混ぜる。

 

ホッケは食べきれず夜に持ち越した。



夜も品数は少な目。横着はすぐに習慣になる。

 

中華飯・鶏のから揚げ・焼き魚と白菜のオイスターソース煮と

手を掛けず簡単に済ませる。一品完結が目立つ。

カレーは一人焼き肉をして食べきれなかったステーキ肉で。

カレー皿を出さずに丼でカレー。ホンマ、横着。

 

 



鶏そぼろご飯と市販の茶わん蒸し

鶏ミンチ100gに対して醤油・酒・みりんが各大さじ1

いつも300g前後で作って冷まして小分け冷凍する。

炊いた大根と合わせて片栗粉でとろみをつけたり、ガパオライスに使ったり

たまごやきの芯に入れて巻いたりする。

 


真ん中は豚ミンチ

茹でて余分な脂を落としてから小分け冷凍。

焼きそば麺とキャベツやもやしと一緒に炒めて

味覇と塩コショウで味を付ければ塩焼きそばに。

ドライカレーに使ったりピーマンと炒めたり、

ニラやキムチと炒めて味噌ラーメンに乗せたりと、便利に使っている。

 

13日の土曜の夜はかつ丼

 

次の日曜日、買い物ついでのお昼ご飯を食べる事になった。

いつも利用しているうどんの定食屋が廃業していた。

同居人に昨日何食べた?と聞かれ、正直にかつ丼と答えたら

 

トンカツ屋に連れて行ってくれた😂

悪気はない。だってかつ丼以外のメニューにすればいいんだから。とのこと。

そりゃそうだ。

 

 

おやつ

 

近所の照ちゃんがお年賀の挨拶にイチゴを持って来てくれた。

例の竹輪事件の・・・まさにその時に訪ねて来たのが照ちゃんだ。

「楽ちゃん一人で食べなよ。取られるなよ。」と、

わかっていらっしゃる。が、彼女は声がデカいのでバレバレ。

 

ぜんざいはやや失敗。

随分時間を掛けたのに小豆が硬いままのものがあった。

えぐ味もかすかに残った。

 

フレンチトーストは義母が好んで食べたおやつ。

食パンの賞味期限が迫るとこれでやっつける。

義母はたまごパンと呼んで、散歩を口実に我が家に立ち寄っては食べて行った。

バニラの香りが苦手で、ジャムやはちみつを驚くほどどっさり掛けて

食べる人だった。

 

 

左 出雲のお菓子「八重雲晴れて」と緑茶 雲の形のフィナンシェ。

中央 香川県に行くと必ず買い求める「観音寺」とコーン茶

「観音寺」は洋風和菓子でコーヒー・紅茶・日本茶にも合う。

 

そして右側は自家製干し芋干し柿

干し芋のさつまいもは、お向かいのヤエちゃんが育てたもの。

 

食べてばかりの印象だけど、年末から2キロちょっと体重が減っていた。

2キロは誤差の内か?

 

 

今年取り組みたいこと

 

日曜日に買い物をして、月曜はきんぴらやホウレン草の胡麻和えなどの作り置きと、

汁の実用の野菜セットの冷凍保存をした。

今年は工夫してさらに食費を抑えたい。もちろんバランスも考えて。

 

年明けすぐに伊能ちゃんに連れられて、ボランティアで

老犬・老猫を預かっている方のお手伝いに参加した。

直接お世話をすることは無かったけど、

ケージやトイレの掃除もやりがいはあった。

機会があればボランティア活動にも積極的に参加したい。

 

根性論や自己犠牲に逃げない! 

私さえ・・とか 努力が足りないから・・というのは

実はとても簡単な楽な逃げ道だった。

ただ、何も解決しない。

 

ずっと気になっていたアカハライモリの紅(くれない)ちゃんの

プッカに齧られて失った右手首が再生されてきた。

腐ってしまうんじゃないかと気が気ではなかったけど

きっともう大丈夫。

二匹が安全に暮らせるように飼育の先輩の話を聞きに行きたい。

 

近畿地方の寺社巡り。

住吉大社・サムハラ神社・四天王寺

京都・奈良は人出が多いかな。

 

今年は特別、一日を丁寧に生きようと思った。